加入対象

・ガラス室/鉄骨ハウス
・パイプハウス
・多目的ネットハウス
・農作物(育苗中のものは除きます)
・附帯施設(自動カーテン装置、自動制御装置)

※ 但し附帯施設はカーテン装置、自動制御装置、ヒートポンプ、木質ペレット暖房機のみ
※ 原則として、所有又は管理しているハウス全てを申込んでいただきます。
また、全てのハウスで次の「加入方法」について同一の選択になります。

加入方法

タイプ1:ハウス本体 + 農作物 + 附帯施設
タイプ2:ハウス本体 + 附帯施設
タイプ3:ハウス本体 + 農作物
タイプ4:ハウス本体

補償の対象となる主な事故の種類

風水害、鳥獣害、病虫害、車両等の衝突、落雷、火災・爆発

補償期間

被覆をしない期間を含めて、共済掛金をいただいた日の翌日から原則1年間です。

※ 被覆期間の変更は必ず連絡をください。

事故発生時に異動の連絡がなかった場合には、共済金の全額又は一部が支払われない場合があります。

共済金の支払い

1棟当りの損害額が3万円、又は共済価額の5%を超える場合にお支払いします。
※ 共済価額とは、附帯施設、内作物、撤去費用、復旧費用を含めたハウス本体の金額のことです。

園芸施設共済と収入保険のセットでの加入をお勧めします。

  園芸施設共済 + 収入保険
(本体・附帯施設)  (内作物)

PAGE TOP