加入資格者

水稲、陸稲又は麦の栽培面積が10a以上あり、農作物の業務を営む農家です。

加入申込期限

水稲、陸稲:2月15日 ~ 3月15日(早期)、4月25日 ~ 5月25日(普通期)
麦:11月1日 ~ 12月1日

補償の対象となる災害の種類

風水害、干害、冷害、その他気象上の原因(地震や噴火、土砂崩れ)火災、病虫害、鳥獣害等

補償期間

水稲、陸稲:移植期から収穫まで
麦:発芽期から収穫まで

加入方式(宮崎県で扱っているもののみ)

一筆方式 一筆ごとの収穫量が基準の収穫量より減ったとき
(但し補償割合は、5,6,7 割から農家が選択)
全相殺方式 災害等で個人ごとの収穫量が基準の収穫量より減ったとき
(但し補償割合は、7,8,9 割から農家が選択)
品質方式 災害等で収穫量と生産金額の両方が基準の収穫量と生産金額より減ったとき
(但し補償割合は、7,8,9 割から農家が選択)
災害収入方式 災害等で収穫量と生産金額の両方が基準の収穫量と生産金額より減ったとき
(但し補償割合は、7,8,9 割から農家が選択)

<<一筆方式>>

一筆ごとの収穫量が基準の収穫量より減ったとき
(但し補償割合は、5,6,7 割から農家が選択)

<<全相殺方式>>

災害等で個人ごとの収穫量が基準の収穫量より減ったとき
(但し補償割合は、7,8,9 割から農家が選択)

<<品質方式>>

災害等で収穫量と生産金額の両方が基準の収穫量と生産金額より減ったとき
(但し補償割合は、7,8,9 割から農家が選択)

<<災害収入方式>>

災害等で収穫量と生産金額の両方が基準の収穫量と生産金額より減ったとき
(但し補償割合は、7,8,9 割から農家が選択)

※ 但し、全相殺と品質、災害収入は全収量の80%以上を出荷しており、過去5年分の出荷実績の確認が必要
また、品質方式に関しては、農作物検査法の検査等級の実績も出荷実績に併せて必要

PAGE TOP